三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

プロ野球で思う 落語まみれの落語キャンプをやってみたい

公開日: 更新日:

 プロ野球キャンプの情報が紙面を賑わしている今日この頃。連日ピッチャーの投げ込みやノックで泥だらけの姿なんてのを見ると一年間シーズンを戦うためにはこの時期の練習が大事なことをまざまざと思い知らされます。

 さて我々噺家は一年中シーズンというかネタ下ろしという新しい演目を覚えそれを高座にかける時は結構真剣に取り組みますが、それでもその間に仕事もこなしながらなわけでプロ野球のキャンプのような練習漬けというわけではありません。よく考えたらお芝居の世界でも稽古を連日皆で集まって朝から晩まで2、3週間やってから本番ですよね。ミュージシャンだと充電期間とかレコーディングとかありますよね。落語家も4人ぐらいで集まって落語キャンプとかやってみたいですね。

 朝から体力づくりにジョギングをして午前中は噺をお互いに教えたり教わったりして、午後は交代でおのおのが落語を演じその落語についてみんなでディスカッションします。夜はお酒を飲みながら熱く芸論を交わし、寝床についてからふといいフレーズを思いついて起きてまた稽古をしてしまう、そんな落語まみれの落語合宿、落語キャンプは1週間ぐらいがいいですかね。今ならコロナで仕事も少ないから集まりやすいかもしれません。場所は人里離れた所の方が集中できるので山奥……いや食事は楽しみたいから海沿いの方がいいですね。安めの旅館でいいけどせっかくだから温泉で。4人だとゴルフをやるメンバーの方が休日も退屈しないでしょうね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る