ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

公開日: 更新日:

 いつも師匠談志の連絡は突然である。しかも、高座に上がればまず最初に客席に対し、頭を下げる挨拶を何十年も積み重ねているはずなのに、挨拶の「あ」の声も耳にした記憶がない……。

 たけし軍団の一員として活動して数年が過ぎたその日も挨拶のない連絡が携帯電話に入ったのだった。

「オウ、ダンカンか……」「あ、師匠、おはようございます!!」「う~、あ~おまえね、60万円だな……」「は? 60万て?」「上納金いろいろ調べたらよ……未払い分60万円な!」「あ、は、はい……でも一度はその……」「事務所の経理に言ってローンでいいよ! じゃ、うまくやってくれ」。プツン!! と電話はその短い会話だけで切れたのだった……。

 いきなり電話してくるなり60万円請求して、一方的に電話を切るなんて……昨今なら反社会的勢力の借金取りだってもう少し物腰柔らかなのではないだろうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る