ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

師匠に「気を使え」と叱られた 最大の気遣いをしたのに…

公開日: 更新日:

 十数回にわたり、その人がいなかったら現在の俺は少なくとも芸能界には存在しなかったと断言できる人のひとり、師匠立川談志(もうひとりはもちろんの10乗くらいのもちろんの「殿」ことビートたけし)の思い出をつづってきたのだ。

 金魚の鉢に洗剤を入れたり、植木泥棒したり、揚げ句の果てには師匠の大切な着物を羽織っての一人大宴会を催したり、それでも、たけしさんのところに行かせてくれた師匠(ウイスキーの瓶を振り上げられた時には頭かち割られたかと思った~汗。たけしに俺からの談かん頼むの挨拶だ! を聞きホッ)。

 あれから40年近くの時間が過ぎ、すべては時効に……、いえいえ、若気の至りでありました。深く深くあの頃の未熟者の自分を反省していますのでどうか苦笑交じりでお許しを……じゃなくて、もう一度だけでいいですから(かなわぬなら夢でも結構です)「談かん、またおまえか~!! バカ野郎!!」と叱ってやってください……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る