ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

ひそかに狙っていた談志師匠のお嬢様からメールが届いた

公開日: 更新日:

 えーっ!? 俺のこの連載を目にしてくださったらしくて、いきなり松岡ゆみこ(本名・弓子)さんから年末にメールが届いた~!! 松岡ゆみこさんてだれ? コラー、いまのたまわった者、頭が高~い!! おそれおおくも、ゆみこさまは立川談志師匠のご長女におわせられるのだー!!

 その内容をご本人の許可もなく勝手に紹介してしまうのだ(ゆみこさん、スミマセ~ン)。

「ご無沙汰しています■ 父の思い出話楽しみに拝見しています また一緒に飲みたいです! 良いお年をお迎えください■」

 いや~、あのゆみこお嬢さまが楽しみに読んでくれてるなんて、お世辞にしてもありがたやありがたや!!なのだ。

 ゆみこさんと俺の出会いは……といってもロマンチックなものなど一切なく、単に師匠のお使いで別々に住んでいる奥さまと子供たちの所へ物を届けたりしている時にお見掛けして、ホンの短い会話を交わす程度だったのだ……。俺が弟子入りした頃、師匠は練馬の家に住み、そして奥さまと長女ゆみこさん、そして長男の慎太郎君の家族は「柏木のマンション」(新宿から小滝橋通りを大久保方面に行った右側にあり、俺たち弟子はそー呼んでいた)で暮らしていたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る