ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

「あ~オレだ」談志師匠の突然の電話にうろたえる俺なのだ

公開日: 更新日:

 談志師匠の弟子にさせていただき、過ごした若き日の出来事の一つ一つは現在振り返れば、俺の人生の宝物以外の何物でもない! つくづく思う62歳の冬なのだ。

 じゃ、もう一度、あの頃に戻って師匠に付きますか? いやだー! 絶対にいやだー!!

 朝からず~っと掃除に魚の骨のふりかけでの食事。揚げ句の果てには、師匠お気に入りのフレッド・アステアやジーン・ケリーというタップダンスの天才のまるで空中を舞うような映像を流し、それに合わせて師匠がタップダンスもどきのステップを上機嫌の鼻歌交じりで踏むのだが、そのステップが床上5センチくらいしか上がってなくて……それを正座しながら見せられる、新手の拷問みたいな経験は二度としたくなーい!!

 そういえば、師匠の元を離れた(ビート)たけしさんのところでたけし軍団となった数年後の夏も近づくある日、突然師匠から電話が入ったのだ……。あれも繰り返したくない(本心は懐かしくて仕方ないんだけどね)思い出の一つなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る