平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

南正人さんに「このままでは店が潰れる」と言った

公開日: 更新日:

 日本オリジナルのフォーク、ロックの道筋を切り開いたシンガー・ソングライター南正人さんが亡くなった。76歳。同年生まれの激烈な死に衝撃を受けた。「7日夜のライブ中、元夫(南正人)がドラムを叩いていた息子の腕の中で息絶えた」と書かれた南研子さんのフェイスブックを拝見した。「結婚43年間。家宅捜査6回。刑務所通い15回。離婚して7年」「名盤・回帰線の曲順をともに決めたのが良き思い出」。何とも南(ナミ)さんらしい。近くで親しく付き合った人は大変なことも多かったはずだが……反権力にして自由な人生を送ったナミさんに献杯!

 1971年、バックに細野晴臣さんらを従えてデビューアルバム「回帰線」をリリース。日本の音楽シーンに大きな影響を与えたが、生涯を通してメジャーに背を向け、ギター片手に日本中でライブ演奏を行っていた。

 1988年、八ケ岳の麓で野外フェス「いのちの祭り」を開催して成功に導いた。「No Nukes One Love」をテーマに掲げた。「いかにもナミさんらしいな」と思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る