剛力彩芽が前澤氏と破局…同年代ライバルからは“周回遅れ”

公開日: 更新日:

 女優の剛力彩芽(28)が実業家でZOZO前社長の前澤友作氏(45)と破局していたと発売中の「フライデー」が報じ、話題になっている。同誌の直撃に剛力は破局を否定しなかったという。

 剛力と前澤氏は、2018年2月に雑誌の対談で出会い、交際に発展。剛力が始めたインスタではプライベートジェットでサッカー観戦に行く姿など、ラブラブぶりが度々見られた。19年11月に一度は破局したものの、翌年20年2月に行われた前澤氏の会社のパーティーで復縁を宣言。AbemaTVの前澤氏のお見合い番組が剛力の鶴の一声でお蔵入りになったこともあり、交際は順調かと思われたのだが……。

 2度目の破局は剛力からだそうで「彼とは住む世界が違う。仕事のほうが大事」と本人がこぼしており、宇宙計画やお金配りなど、前澤氏が規格外すぎてついていけなくなったことが要因だと同誌では解説している。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「したたかになれなかった」

「破局して、剛力さんに何も残らなかったのが一番のダメージでは。前澤さんがどんどん新たな展開を進める中、剛力さんは女優のお仕事もせず、ただ規格外のお姫さま扱いに舞い上がっただけ、という印象しか残っていない。自身で女優としての商品価値を落としてしまった。前に交際していた紗栄子さんはファッションビジネスで成功し、ビジネスパートナーとしての関係を築き、子供たちのイギリス留学で母としての地位を確立させ、前澤さんのいいところを吸収して“卒業”された。剛力さんにも紗栄子さんくらいのしたたかさが欲しいところ。事務所も独立して腹をくくったなら『規格外の前澤さんを応援します』と言い切った方が彼女の価値を高めたかもしれません」

 レギュラー番組は12年から続く「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)のみ、CMも現在は2本。同年代には、映画「花束みたいな恋をした」で話題の有村架純(28)や、現CM女王・吉岡里帆(28)、本田翼(28)、バラエティーの女王・指原莉乃(28)らがおり、剛力が歩みを止めている間に先を越されている感が否めない。

「テレビのお仕事は前事務所時代の継続番組のみ。ご自身の実力でとなると“いばらの道”ではないでしょうか」(前出の川内氏)

 宇宙まで舞い上がった分、落ちるとイタイ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  4. 4

    TBSの鬼門「ラヴィット!」死に体で安住アナにかかる重圧

  5. 5

    妊婦なのに…溺れかけの子供3人を助けた米国女性が大絶賛

  6. 6

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  7. 7

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  8. 8

    「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?

  9. 9

    超レア!赤ちゃんクジラを育てる“イルカママ”がNZで話題に

  10. 10

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

もっと見る