眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

公開日: 更新日:

 眞子さまが昨年11月に発表した「お気持ち」の中で、両陛下が「私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっている」と述べていたから、天皇会見もそれを追認するのかと思ったら、もっと両親と話し合って、みんなに祝福される結婚をしなさいと諫言されたのだ。宮内庁職員だって驚いたというから、眞子さまはもっと驚かれたことだろう。

 現在の天皇は物事に慎重な調整型といわれる。ご自身の結婚でもよく周囲の意見を聞かれた。そんな天皇のご意向を裏切って、万が一でも駆け落ち婚なんてことになれば、皇室のみならず国民の反感を買うことになるだろう。やはり国民に納得してもらう状況をつくったうえでの結婚がベストだ。

 では、そんな可能性があるのか。

 最近言われているのが、アメリカの名門私立フォーダム大学に留学している小室さんが、7月に行われるニューヨーク州の弁護士の試験に合格して資格を取得したら、「世間の目も変わるだろう」という見方だ。合否の発表は10月。ニューヨーク州の弁護士試験は日本の司法試験よりも易しいといわれ、合格の可能性は十分にある。小室圭さんの経済力の不安が問題のひとつなのだから、弁護士になればひと安心だということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る