眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

公開日: 更新日:

 小室圭さん(29)が、母親と元婚約者との間の金銭トラブルについて、あらためて長文の説明文を公表した。秋篠宮家の眞子さま(29)との結婚の意思も変わりはないという。

 前回書いたように、小室さんは7月のニューヨーク州弁護士試験に合格すること、さらに「説明責任」を果たすことでゴールの結婚に突き進んでいるようだ。それはまた眞子さまの希望でもあるのだろう。

 しかし、現実は厳しい。いばらの道は続く。仮に弁護士試験に合格しても、それほど単純ではないのだ。大学入試でもそうだが、アメリカは間口が広くても入学した後が大変で、弁護士の資格を取ったからといって高収入の生活がただちに保証されるわけではない。ニューヨークの大企業で仕事ができればそれなりのお金を稼ぐことができるだろうが、日本人である小室さんがどこまでできるか全くの未知数なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る