故岡田有希子さん 今年の命日は現場とお墓でファンが黙祷

公開日: 更新日:

 トップアイドルだった岡田有希子さん(享年18)が1986年4月8日に自ら命を絶ってから35年の月日が経った。今もその存在はファンの胸に生き続けており、命日の4月8日はファンにとって特別な日である。今年も亡くなった午後0時15分には、命を絶った元所属事務所ビルの前、さらに愛知県にある彼女の墓前で黙とうが行われた。

 1984年4月21日に「ファースト・デイト」でデビュー。岡田はこれまでのアイドルのようにキャピキャピするところもなく、どちらかというとおとなしいタイプ。しかも美少女であり歌もうまい。瞬く間に大人気になり、トップアイドルへと上り詰めた。

 しかしデビューして2年足らずで帰らぬ人になってしまい、世間に大きな衝撃を与えた。当時は岡田の後を追うファンも多くいて世間への影響は計り知れなかった。

 亡くなった翌年以降の命日には、元所属事務所の前や愛知県のお墓にファンが集まるようになり、岡田に黙とうを捧げる人もどんどん増えていった。当時から岡田の大ファンでありリアルタイムで現場を見続けたプロアイドルヲタクを自任するアイドル評論家のブレーメン大島氏はこう言う。

「亡くなった当日も事故現場には行きました。かなり衝撃的な光景で、その現場を見ても亡くなったなんて信じられなかったです。それでもずっと彼女のことが好きだったので、翌年の命日に現場に黙とうを捧げに行きました」

現場とお墓でファンが黙とう

 今年は天気にも恵まれて、コロナ禍の中、東京・愛知ともに50人以上のファンが集まったという。

「四谷の元所属事務所前に正午ごろに到着したんですけど、すでにたくさんの人がいました。在りし日の岡田さんについて語り合っている人が多く見受けられましたね。若いファンがいたのも印象的でした」(大島氏)

 最近は親がファンだったとかユーチューブなどで知った若いファンが増えているという岡田有希子。永遠のアイドルである。

 ◇ ◇ ◇

【相談窓口】

■日本いのちの電話連盟

 ●ナビダイヤル 0570・783・556
  午前10:00~午後10:00

 ●フリーダイヤル 0120・783・556
  毎日:午後4:00~午後9:00
  毎月10日:午前8:00~翌日午前8:00

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る