フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

公開日: 更新日:

 あの80年代の輝きをもう一度――。チェッカーズの再結成が芸能マスコミの間で取り沙汰されている。ボーカル藤井フミヤ(58)はこのほどテレビで約30年ぶりにデビュー曲「ギザギザハートの子守歌」などを歌い、断絶と伝えられていた音楽プロデューサー芹沢廣明氏にも自ら連絡をとって関係を修復。芹沢氏は作詞家の売野雅勇氏とのコンビで「ギザギザハート――」「涙のリクエスト」など、チェッカーズ初期の大ヒット曲を手掛けたことで知られ、そんなグループの恩人からも「個人的にはチェッカーズを再結成してほしいと思っていますよ。本人たちのスタンスはわかりませんが、またみんなで歌う姿が見られたらいいな、と思っています」とエールの声があがっている。

 再結成については、クロベエことドラムス徳永善也さん(享年40)が2004年に亡くなっていることなどから、オリジナルメンバー7人がまた揃うことはかなわない。フミヤとコーラス高杢禎彦(58)との確執も残っているようだが、ここへきて、少し風向きが変わってきたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る