出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

公開日: 更新日:

 モデルのマリエ(33)から突然発せられた衝撃の告白は15年前、バラエティーで共演した島田紳助氏(65)に矛先が向けられたものだ。ただ、マリエは、その場に同席していた出川哲朗(57)に「いいじゃんいいじゃん、マリエちゃん、紳助さんとやりなよ、面白いよ」などと煽られたとも訴えた。

 これに対し、出川の所属事務所は「お騒がせしているような事実はないと申しております」と即座に否定。告発の真相は定かではないが、マリエも長らく芸能界に身を置いてきた人間だ。実名を挙げればどんな事態を招くか覚悟の上で、出川の名前をあえて出した可能性もある。

「出川さんは数多くのレギュラー番組やCMに出演する好感度タレントのひとり。10代の女性から“かわいい”などと言われる愛されキャラですが、かつては『抱かれたくない男』の代名詞でした。マリエさんは当時の出川さんのことをよく覚えているのでしょう。今でこそ“苦労人”みたいにいわれていますが、要は芸能界で生きていく上での“たしなみ”を心得た処世術にたけた人です。数年前、バラエティー番組の共演時に出川さんに挨拶したことがあるのですが、彼は椅子の背もたれにふんぞりかえって目も合わせてくれませんでした。お忙しかったのでしょうが、二面性を感じるというか、上に弱く下に強いタイプなのかなと思いました。“いい人”のイメージが強かったので、そのギャップに少し驚きました」(あるタレント)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル