出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

公開日: 更新日:

 モデルのマリエ(33)から突然発せられた衝撃の告白は15年前、バラエティーで共演した島田紳助氏(65)に矛先が向けられたものだ。ただ、マリエは、その場に同席していた出川哲朗(57)に「いいじゃんいいじゃん、マリエちゃん、紳助さんとやりなよ、面白いよ」などと煽られたとも訴えた。

 これに対し、出川の所属事務所は「お騒がせしているような事実はないと申しております」と即座に否定。告発の真相は定かではないが、マリエも長らく芸能界に身を置いてきた人間だ。実名を挙げればどんな事態を招くか覚悟の上で、出川の名前をあえて出した可能性もある。

「出川さんは数多くのレギュラー番組やCMに出演する好感度タレントのひとり。10代の女性から“かわいい”などと言われる愛されキャラですが、かつては『抱かれたくない男』の代名詞でした。マリエさんは当時の出川さんのことをよく覚えているのでしょう。今でこそ“苦労人”みたいにいわれていますが、要は芸能界で生きていく上での“たしなみ”を心得た処世術にたけた人です。数年前、バラエティー番組の共演時に出川さんに挨拶したことがあるのですが、彼は椅子の背もたれにふんぞりかえって目も合わせてくれませんでした。お忙しかったのでしょうが、二面性を感じるというか、上に弱く下に強いタイプなのかなと思いました。“いい人”のイメージが強かったので、そのギャップに少し驚きました」(あるタレント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る