てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

不仲になっても…流れ星☆の2人は互いの才能を認め合う

公開日: 更新日:

「よく笑ってましたね……、昔は」(ちゅうえい/テレビ東京「ゴッドタン」4月17日放送)

 近年は、ちゅうえい(42)とTAKIUE(42)のコンビ仲が悪い、と取り上げられることが多くなった「流れ星☆」。仲直りさせようという企画で、2人は「いい思い出」を言い合う山手線ゲームを行った。「カラオケ行ってゆずを2人でハモった」(TAKIUE)、「TAKIUEが飼ってたインコが逃げた時、2人で3時間捜して見つけた」(ちゅうえい)、「『THE MANZAI』の敗者復活で勝ち上がってスタジオに行く時に、マネジャーと3人で固い握手をした」(TAKIUE)と言い合って、ちゅうえいが、しみじみと語った言葉を今週は取り上げたい。

 2人はもともと岐阜の県立高校の同級生。文化祭で彼らを含む5人でユニットを結成して披露したコントが大ウケしたことでお笑い芸人を志し、ちゅうえいがTAKIUEを誘う形でコンビを結成した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  4. 4

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  5. 5

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  6. 6

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  7. 7

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  8. 8

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  9. 9

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  10. 10

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

もっと見る