浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

公開日: 更新日:

 5月1日深夜、会員制ファンクラブサイトで「この春、無事に大切な家族がひとり増えて新しい生活がスタートした」と、第2子出産の報告をした浜崎あゆみ(42)。浜崎といえば「SEASONS」や「Dearest」「M」など数々のヒット曲を生み、ファッションアイコンとして1990~2000年代を駆け抜けた“若者のカリスマ”だった。

 若い頃、浜崎あゆみに憧れを抱いた女性は少なくないはずだ。しかし、最近の浜崎は育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長との過去の交際を“暴露”する自伝的フィクション本を出版したり、未婚のまま母になったり、インスタで父親に関する匂わせをしたりと、すっかり“お騒がせアーティスト”のイメージが定着しつつある。ネットでも<インスタでプライベートをアピールする割には、プライベートは干渉しないで欲しいと言ったり、一体何がしたいのかよく分からない><曲が好きだっただけに、最近のあゆを見ていると悲しくなる><かまってちゃんに見える>など、辛辣なコメントが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  8. 8

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  9. 9

    自民党内で乱立する「議員連盟」は権力亡者とゾンビの巣窟

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る