ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

俺の人生で大切なモノは「カネよりハイライト」

公開日: 更新日:

 つい最近、身近な人間が肺がんになり入院手術となったのです。手術の成功を祈るのは当たり前だけど、一番つらいって……会えない(面会できない)ことだったのだ。

 コロナの感染予防で、たとえ親だろうが子だろうが夫だろうが妻だろうが兄弟だろうが面会できないこのルールほど、わかっちゃいるけどむごいものはないのだ。

 入院中その顔も間近に見ることもできなかった志村けんさんの身内や、変わり果てたお骨で帰宅した岡江久美子さんを静かに迎えるしかなかった夫の大和田獏さんの気持ちを考えたら、胸が締めつけられて呼吸が止まりそうになります……。

 そーいえば、岡江久美子さんは何かのドラマの衣装合わせの時、俺がお掃除のオバサンと勘違いして(お掃除のオバサンの衣装だったのかなぁ?)話しかけるという大変無礼な振る舞いをしたにもかかわらず、明るい笑顔で突っ込んでくれたっけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る