ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

面白すぎる森田健作さんの迷子事件

公開日: 更新日:

サンミュージックの秘話#1

 世の中ってホントにど~なってんの? いやまず俺自身のことだって、サラリーマンや会社員なんて生まれてこの方、一度だってやったことがないのに、タレントからいきなり芸能プロダクション㈱TAPの専務(社長はつまみ枝豆です)になってしまった人生にまだ戸惑っているっちゅーに、俺をはるかに超える男が誕生したのだ。

 その男こそ俺と40年以上の友だちの岡博之なのだ。この岡くんがなんとあのかつて松田聖子ちゃんや都はるみさん、現在ではベッキーカンニング竹山ほか、多数の人気者が所属する芸能事務所「サンミュージック」の取締役副社長に就任したというから仰天なのだ!!

 よし、こーなったら「若かりし頃のエピソードテロ」で岡副社長の信用をガタ落ちにしてサンミュージックを傾かせてやるのだ!!(何のために!?)

 岡副社長は本来はお笑いコンビ「ブッチャーブラザーズ」で相方ぶっちゃあさんとリッキーという芸名で活動しているのだ。いや、さらに細かく述べるとお笑い活動をする前は2人で前千葉県知事の森田健作さん(現サンミュージック最高顧問)の付き人をしていたのだ。

森田健作さんの一人旅の出発を見送ると…

 そりゃもう、あの当時の森田健作さんといえば、青春ドラマでムチャクチャな人気を博していただけでなく、その性格もムチャクチャ(失礼)だったそうなのだ。例えばこれはぶっちゃあさんから何百回も聞いた話なのだが(この人は若い頃から同じ話を全力で何度でもするという恐るべき厄介な人なのです)、「おいぶっちゃあ、やっとオフになったな」「ハイ! 撮影、撮影の連続でしたからね!」「憧れてるものがあってさー」「えっ、何ですか」「一人旅さ!! ホラ、目的もなく知らない電車に揺られて見知らぬ街を旅して、その中で自分をもう一度見つめ直すとか……あーいうのいいだろう! で、今日それをやろうかと思ってさあ!」「えっ、でも一人旅って、だれもが森田さんの顔を知ってますし、危い目にでも遭ったら大変ですから、あ、じゃボクがお供しますか」「バカ! それじゃあ一人旅にならないだろーが!!付き人なら気を使えよ!」と心配しながらも、森田さんの一人旅の出発を見送るぶっちゃあさんだったそうです……。

■数時間後、異常事態が発生…

 そして、数時間後いきなりぶっちゃあさん宅の電話のベルがリリリリリ……「はい、ぶっちゃあです」「ぶっちゃあ、ここどこだ?」、受話器の向こうの森田さんの第一声はそれだけで、異常事態が発生していることを告げたのです。「どこって言われても、ちょっと……」「ちょっとじゃないだろう! 大体ぶっちゃあ、なんで一緒に付いてこないんだよ! 付き人なら気を使えよ!」と戒めている声が普段と違い、力なく弱々しかったそうな……。

 そこから、ぶっちゃあが動き、「森田健作一人迷子事件」を無事に解決したということなのだが……アラ、岡副社長の話がないぞ~、いや、この物語はまだまだ続くのだ!!(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る