ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

サンミュー初のお笑い ブッチャーブラザーズが歴史作った

公開日: 更新日:

サンミュージックの秘話#2

 芸能界で押しも押されもせぬプロダクション「サンミュージック」の副社長に岡博之ことブッチャーブラザーズのリッキーが(ウム? 言い方が逆か)就任したのだ。だれがあの頃……知り合った40年余り前にこんな未来を予測したであろうか。

 しかし、時の流れとは過ぎ去ってしまうとなんと速く、そして奇々怪々な物語をつくり出すのだろうとつくづく思うのだ。そもそもブッチャーブラザーズと俺の出会いは俺が20歳になったかならないかの頃のことである。もちろん、まだ立川談志師匠に弟子入りする前、たけし軍団の一員として活動する、そのず~っと以前のことなのだ。

 古い記憶を無理やり掘り起こしているので真実ではないかもしれないのだが、あの頃の俺には大型オートバイKAWASAKI・Z750FXに乗りたいという気持ちと「お笑いがやりてー!!」という気持ち、その2つ以外、何もなかったと思う。そんなある日、当時の若者向け情報誌の「ぴあ」だったか「シティロード」だったかで、その募集を目にしたのだ。そこには「お笑いライブ出演者募集!!」という内容が記されていたと思う。それを目にした瞬間「これだ!! これしかなーい!!」と、俺は取る物も取りあえず、そこにあった連絡先にコンタクトを取ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る