ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

稽古場でデビュー前の松田聖子さんを見て固まった俺

公開日: 更新日:

サンミュージックの秘話 #3

 現在、大手芸能プロダクション「サンミュージック」の副社長という大任を務めるリッキー(岡博之)とぶっちゃあ(山部薫)のお笑いコンビ「ブッチャーブラザーズ」を中心として、40年以上も前に企画したライブ計画は亀の歩みのごとくではあったが、着実に一歩一歩前に進んでいったのだった。

 あ、また思い出した~! まず初めに参加したい者のネタ見せが四谷4丁目の交差点の所にあるサンミュージックのビルの4階くらいにあった稽古場で行われたのだ。

 余談だけど、ブッチャーブラザーズと知り合いとなって頻繁にサンミュージックに顔を出すようになったある日のこと……ネタ見せを行った、壁全体がダンスなどのレッスン用になっている稽古場に入った俺は、ハッと息をのんでしまった……。その理由は俺の視線の先にレッスン着姿のキラキラとまぶしいくらいに輝きを放つ少女がいたのだ!! あの時の光景は60歳を過ぎた今でも思い出すと胸がはじけそうなドキドキが蘇ってくるくらいなのだ。ボウ然と固まっている俺の背中に遅れて階段を上がってきたぶっちゃあさんが「かわいい子やろー! あの子、今度デビューするんや、芸名は松田聖子っていうんやでェ!!」と声をかけたのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  2. 2

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  3. 3

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  4. 4

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  8. 8

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  9. 9

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  10. 10

    佐藤健の相手に満島ひかりが浮上も「結婚を考えられない」

もっと見る