Koki, 女優デビューはホラー映画 静香ママ“さすが”の慧眼

公開日: 更新日:

「さすが工藤静香ママとしか言いようがない」とスポーツ紙芸能担当デスクはうなっていた。

 工藤と木村拓哉の次女Koki,(コウキ=18)が、女優デビュー作となるホラー映画「牛首村」(公開日未定)でいきなり主演と先週報じられた件。

 ネット上では〈興行成績が楽しみだ〉などと、いろいろな意味で話題になっている。

「新人や若手女優にとってホラー映画はステップアップの足がかりにしやすいんです。ひと昔前でいえば、松嶋菜々子の映画初主演作も、中田秀夫監督の『リング』(1998年)です。静香ママはその辺をきちんと計算した上で、タイミングを待ってKoki,の出演を決めたはず。目のつけどころがさすがですよね」(前出のスポーツ紙芸能担当デスク)

 ちなみに「リング2」(99年)は、中谷美紀の映画主演2作目。“Jホラー”の人気ランキングで大抵上位に入る映画には、若かりし頃のアノ女優が出ていたりする。

 そもそも「牛首村」の清水崇監督の出世作である「呪怨」劇場版(2003年)の主演は奥菜恵で、三池崇史監督の「着信アリ」(04年)の主演は柴咲コウ。白石晃士監督の「ノロイ」(05年)には“遅咲き女優”松本まりかが出ていた。

 中田監督の「クロユリ団地」(13年)は前田敦子の映画主演2作目で、白石監督の「貞子vs伽椰子」(16年)は山本美月の映画主演2作目だ。

「『観客も美しい女優の顔が恐怖で歪むところを見たいんだよ』と話していたホラーの監督さんがいましたが、ミョーに納得したのを覚えていますね。Jホラーの立役者である清水監督+Koki,なら話題性は十分。大コケしてキャリアに傷がつくとは考えにくい。工藤さんはそこまで計算したんじゃないですか」(映画会社関係者)

 そうだとしたら、確かに「さすが」だ。芸能ライターのエリザベス松本氏は「決してホラー映画の演技が簡単とは言いませんが」と、こう続ける。

「恐怖の演技はストレートに感情を出しやすいので、初心者でも“やりやすい”のは確かです。セリフが多いわけでもないですし、観客はドキドキしたくて見ているので、あら探しもされにくいんです。売り出し中の新人や若手ほど〈意外と演技もできるんだ〉と評価されやすい上に、現場経験も積めます。だから事務所側も積極的に出演させるわけですが、本当の正念場はその次。デビュー作の『牛首村』はある程度の成功を収めるでしょうが、Koki,さんが次の作品で演技力を評価されるかどうか、ですね」

 もちろん、静香ママなら次の一手まで考えているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る