「女神」三吉彩花と「高額ギャラ」Koki,が中国で人気急騰

公開日: 更新日:

 今、中国で人気急上昇中の日本人女性といえば女優の三吉彩花(24)と木村拓哉(48)と工藤静香(50)の次女、モデルのKoki,(コウキ=18)の2人。

 三吉は昨秋にリリースされた台湾人アーティストのジェイ・チョウ(42)のミュージックビデオに出演すると「現役ナンバーワン美女」「女神」と大絶賛され、一躍話題の人に。日本国内では俳優の竹内涼真(27)と交際・同棲報道で話題になった程度だが、中国人ジャーナリストの周来友氏によると「日本人女優のイメージになかった、“マニッシュな顔立ち”と健康的で美しい体形が中国人に好まれた。この春に中国で放映予定のドラマ『了不起的女孩(邦題=素晴らしい女の子)』も注目されています」という。

父親の七光で破格のギャラ

 Koki,はシャネルなどハイブランドの広告やファッション誌「紅秀」の表紙を飾り、3月には中国のサバイバルオーディション番組「創造営2021」に1本約4800万円(300万人民元)という破格のギャラで出演。その理由は「父親の七光」だとして周氏がこう続ける。

「中国でキムタク人気はいまだ衰えず、中国メディアでは家族のことは一切触れられていないため、プライベートは謎のままで神格化されていた。そこへ突然娘が現れたので注目度が高かった。制作側もキムタクファンで、娘を起用すればいつかキムタクにつながるのでは、というミーハー心がKoki,さんのギャラをつり上げたといわれています。さすがに中国国内でも未成年に1本4800万円のギャラは高額過ぎると話題になりましたけど」

 Koki,が着物の帯を踏んだヴァレンティノの広告はネットで大炎上し、中国でも話題になったというが、「あの広告は中国のアーティストが制作し、自分たちの好きなKoki,を起用、日本文化の知識が乏しいアジアチームが作った結果、さまざまな間違いが起きてしまったといわれています。Koki,さんサイドも日本のエージェントを通せばこのようなトラブルは回避できたはずでしたが、中国の制作サイドの高額オファーを直接受けたともっぱらです」(前出の周氏)。

 人気の理由もギャラもケタ違いの中国市場。2人に続く日本人は現れるのか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る