木村拓哉はCMばかり…コロナで吹き飛んだハリウッドと大河

公開日: 更新日:

 木村拓哉(48)が苛立ちを隠せない。現在、俳優としてのスケジュールが真っ白で、開店休業状態なのだという。露出といえば、日本マクドナルドやバルクオム、日産自動車、リクルートジョブズなど、大手といえどもCMばかり。

「今年1月に放送されたスペシャルドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)に出演して以降、テレビで木村の姿を見かけるのはCMだけです。今年9月に公開される映画『マスカレード・ナイト』も昨年8月に撮影済み。現在はこれといった仕事はないようです」(芸能関係者)

 実は決して出演オファーがないわけではなく、木村も例に漏れず新型コロナウイルスの影響で仕事を失っていたという。

「コロナが発生していなければ、今頃はハリウッドでまさに映画の撮影に没頭していたと聞いています。有力候補は2本あった。一つは『パイレーツ・オブ・カリビアン』のシーズン6。もう一つは一部、女性誌も報じた映画版『将軍 SHOGUN』です。同作は1980年に全米で三船敏郎や島田陽子らが出演するドラマとして放映され大成功を収めている。それのリメーク版です。しかしそれもコロナによって流れてしまった」(前出の芸能関係者)

ツキにも見放され…

 しかし、それ以上に木村はツキからも見放されている。2023年に放映されるNHK大河ドラマは嵐の松本潤(37)が主演する「どうする家康」に決定。じつは本来、主演として白羽の矢が立っていたのは木村だったというのだ。

「理由としては、やはり木村がこのハリウッドの企画を優先したということが大きいようです」(前出の芸能関係者)

 皮肉なことに木村は悲願だったハリウッド進出やNHK大河もコロナによって妨げられていたのだ。

「ハリウッドは一度、企画が流れるとなかなか元に戻らない。ツキがなかったとみなされる。それこそハリウッドの予算は日本の10~30倍です。おいそれと失敗できない事情があるんです」(映画関係者)

 さらにNHK大河出演もしばらくは難しいという。

「今回、ジャニーズから松本を出した。同じ事務所から2年続いて主演なんてことはない」(芸能プロ関係者)

 直近で俳優・木村の姿を地上波で拝めるのは来年秋に放送が予定されている「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)のシーズン3が有力。コロナに翻弄される木村。最近は2人の娘の方が売れっ子だが、父の悲願はいつ達成されるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

もっと見る