さんまがマツコに激推し!息子が勤務するITベンチャーの将来性

公開日: 更新日:

 20日に放送された「週刊さんまとマツコ」(TBS系)で、明石家さんま(65)がマツコ・デラックス(48)とのやり取りの中で、息子の二千翔さん(35)についてふれた。

 二千翔さんは1985年、さんまの元妻・大竹しのぶ(63)と元TBSディレクターの故・服部晴治さんの間に誕生。だが、二千翔さんが2歳になる87年、服部さんはガンで急逝。翌88年に、さんまはドラマで共演した大竹と再婚。89年に長女のIMALU(31)が生まれた。

「さんまと大竹の結婚生活は92年までの4年あまりでしたが、さんまは二千翔さんに『ボス』と呼ばせるなど、血のつながりはないものの良好な関係を築いています。さんまと大竹の離婚で、2人の子供の親権は大竹が持っていますが、親子の交流は現在まで続いています。昨年末には二千翔さんはテレビで初めてさんまについて語り、『小さいころからずっと一緒にいて育ててくれた、自慢の父親です』とコメントしています」(女性週刊誌記者)

 二千翔さんは慶応大学卒業後、渡米。その後、母親・大竹、妹・IMALUのマネジャーを務め、35歳の現在、都内のベンチャー企業に勤務しているとのこと。

さんまは息子の会社を応援

 番組内で出会い系のマッチングアプリの話題になり、さんまは、<うちの息子、二千翔がウェブでそういうのやっとるねん>と話し、マツコがタレントで、ドラッグクイーンのナジャ・グランディーバといった人たち専用のマッチングアプリの開発を提案すると、<やるならうちの息子に>とさんまはマツコに売り込んだ。

 二千翔さんが勤めるベンチャー企業は設立10年で社員数18名。芸能人になるためのオーディションサイトなど、さまざまなウェブサイトの運営のほか、受託でサイト制作も行っている。

「メーンの事業は、俳優やモデル、声優など芸能人になりたい一般人と芸能プロダクションをつなげるマッチングサイトで、大手芸能プロダクションと提携しています。さまざまなイメージモデルやコンテストの募集をしている日本最大の芸能マッチングサイトという触れ込みです。コロナ禍でリアルなオーディションが行えない中、ネットを介してオーディションが盛況で、二千翔さんの会社にとって追い風でしょう」(前出・女性週刊誌記者)
 
 ベンチャー企業といっても、事業成長のための大型の資金調達などは行っていないため、業界全体ではそれほど知られた会社ではないという。だが、ホームページによると、急成長しているという。二千翔さんはこの会社の社長ではないものの、サイト運営などを行うディレクターとして活躍しているとのこと。芸能一家で育った二千翔さんにうってつけのビジネスだろう。

 さんまは番組の中で、SHOWROOMといったライブ配信アプリの登場を二千翔さんは悔しがっていたともらしている。いつの日か、二千翔さんの会社からも世界的なサービスが誕生するか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  6. 6

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    小池都知事は感染ワースト更新も他人事 発表前スゴスゴ退庁ダンマリの「計算」

もっと見る