桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「ギャンブル好きのクズ芸人」が面白い!小さく纏まった“コンプラ芸人”をよそに…

公開日: 更新日:

 コンプライアンスでガチガチに固められ、テレビサイズに小さくまとまった芸人が多い中、「クズ芸人」と呼ばれ、クズっぷりを披露して存在感を見せる芸人がいる。

 例えばピン芸人の岡野陽一。パチンコや競馬など無類のギャンブル好きで借金は1000万円以上。すべて友人知人から借り、「木曜日の人権を担保に借金した」「8万以上貸してくれる人は100万円まで貸してくれる」といったクズっぷりが面白い。同じ事務所の後輩、吉住が「THE W」で優勝、賞金500万円を獲得した際も「新しい債権者様の誕生だー!」とツイートした。

 相席スタートの山添寛は相方の山崎ケイに100万円以上借金しているとか。借金を「絆」、ギャンブルを「夢追い」と独特のワードで表現する山添。「借金額と幸せは比例する」などと言うので山崎いわく「貸す方は何かよいことをしているような錯覚に陥る」。もはや洗脳の域か。

「ギャンブルと風俗」で借金700万円と語っていたのは「空気階段」鈴木もぐら。昨年3月「しくじり先生」に「結婚、そして子供ができて変わると思ってたら全然変われなかった先生」として登場、「ギャンブル(競馬)がやめられない」と。先日、ある番組で、まとまった収入があったが、借金返済には充てず、子供をアメリカンスクールに入れる費用にすると発言。クズ芸人の面目躍如。

10万で第7世代とパイプができる

 10年かけてつくった借金を全額完済したとツイッターで報告したのは女芸人のヒコロヒー。YouTubeチャンネル「ヒコロヒーの金借りチャンネル」を開設、芸人やタレントから借り入れするところをリアルに見せ、今年に入っての売れっ子ぶりは凄まじく6月の収入が98万円で借金も完済とか。先週「5時に夢中!」に出演した際、矢口真里から10万円借りたエピソードを語ったが、「最近仕事どうですか? 私に10万貸したら第7世代とパイプできますよ」と説得したとか。

 ヒコロヒーは麻雀好きでも知られ、レギュラーの大先輩・中尾ミエにもぞんざいな態度で、それを指摘されると「一回麻雀打たないと、どういう人かわからない」と語って中尾を苦笑いさせた。平成ノブシコブシの徳井は、奥さんにもらった自動車教習所の入学金や歯科矯正の費用までボートレースにツッコんだとか。

粗品は別格

 若手では霜降り明星の粗品が別格。消費者金融で借りたお金でギャンブルを続け、「3日で700万負けた」とスケールが違う。「年収の3分の1しか借りれないんですけど、年収が上がったから借り入れが増えた」そうで、令和の「横山やすし」になる期待大。

「人を傷つけない笑い」「仲よし芸人」が売りの一般人と同じ感覚のコンプライアンス芸人には飽き飽き。テレビにはクズ芸人がよく似合う。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった