上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

公開日: 更新日:

 汐留に激震が走った。

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也(51)が新型コロナウイルスに感染したことが24日、所属事務所の公式サイトで発表された。上田は、同日午前に発熱。都内の医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性と診断された。現在、微熱と喉の痛みはあるものの、体調は安定しているという。

東京五輪スペシャルサポーター

 上田は、日本テレビの東京五輪中継で“キャプテン”明石家さんま(66)、“スペシャルキャスター”有働由美子(52)らとともに、“スペシャルサポーター”として、キャスターを務める予定だった。同局のスポーツ情報番組「Going! Sports&News」のMCもすでに12年務めており、12年のロンドン五輪から、5大会連続で五輪の現地取材も担当。まさに日テレの“スポーツの顔”だった。

 同局は医師などの判断に従い、許可が出るまでは出演を見合わせるとしており、濃厚接触者はいないという。上田の抜けた穴について日テレは「代役は立てない方針です。他のキャスターやアナウンサーが対応します」(広報担当)と回答。しかし、開会式翌日のコロナ発症に別の日テレ関係者は動揺を隠せない。

「最悪のタイミングです。他の出演者に感染が及んでいないか衝撃が走りました。もともと出演者やスタッフは、週に2回のPCR検査を義務付けられているので、陽性だったら、即座に発見できるはずですが……」

 上田の日テレの出演は五輪キャスターにとどまらない。「おしゃれイズム」「しゃべくり007」「世界一受けたい授業」など、コンビ(くりぃむしちゅー)での出演も含め、レギュラーは7本(BS含む)。これは他局と比べても最多。つまり上田の感染で最も打撃を受けるのは日テレなのである。超のつく売れっ子だけに、影響は計り知れない。

芸能界にも「第5波」が襲来中

 一方、「第5波」の襲来が鮮明になる中、感染力の強いデルタ株の影響か、芸能界では、またもコロナ感染が目立ってきており、ここのところ、連日報道されている。

 今月11日には、俳優の仲野太賀(28)の感染を所属事務所が発表。15日には、1回目のワクチン接種を終えていたお笑いトリオ「安田大サーカス」の団長安田(47)の感染を所属事務所が発表。メンバーのクロちゃん(44)も18日に陽性が判明し、現在も自宅療養中だ。

 20日には俳優の田中圭(37)の感染を所属事務所が発表。21日にはテレビ朝日斎藤ちはるアナ(24)の感染をレギュラー出演する「羽鳥慎一モーニングショー」が公表。23日には、お笑い芸人、トータルテンボス・大村朋宏(46)の感染を吉本興業が発表した。

 また同日には、現在、ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日テレ系)に出演中の女優の永野芽郁(21)の感染を所属事務所が発表。今後の放送については検討中という。さらに25日には、体調不良のためコンサートを欠席していたアイドルグループ、アンジュルムの伊勢鈴蘭(17)の陽性が判明した。

「テレビ局をはじめとした芸能界も、もちろん感染対策はしているが、関係者で陽性が出るなど、感染が増えているのを肌で感じる」(芸能プロ関係者)

 27日の東京都の陽性者数は過去最多の2848人。五輪開幕で「第5波」の脅威が増すことは確実だが、コロナ禍は芸能界でもますます猛威を振るいそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る