和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

公開日: 更新日:

 目下、NHKでは「東京2020オリンピック」を連日放送中。開催期間は半分を少し過ぎたところだが、早くも局上層部の関心は、大みそかに放送される「紅白歌合戦」の司会のキャスティングに移っているという。

 その試金石となるのが五輪中継及び関連番組。NHKは、地上波で五輪史上最長となる計約430時間も放送。なかでもテレビ界の耳目を集めているのがNHKの2大看板アナ、和久田麻由子アナ(32)と桑子真帆アナ(34)による「開閉会式中継戦争」とも言うべきバトル。

 つまり、開会式を和久田アナ、閉会式を桑子アナが担当するのだが「局上層部は評判のよかった方を今年の紅白歌合戦の総合司会に抜擢する腹積もりのようです」(スポーツ紙放送担当記者)というのだ。

■2人は因縁浅からぬ間柄

 そもそも和久田アナと桑子アナは、因縁浅からぬ間柄にあることで知られている。

 和久田アナは東大経済学部を卒業後、2011年入局。地方局勤務をわずか3年という異例の短期間で終了し、14年から「おはよう日本」を担当するなどエリートコースを歩んできた。一方の桑子アナも、東京外国語大学を卒業後、2010年に入局。長野放送局を経て15年に東京に戻り「NHKニュース7」のサブキャスターに抜擢されるなど、甲乙つけがたい経歴を誇る。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める