“障害者イジメ”小山田圭吾に続きオリパライベント辞退 絵本作家のぶみ氏は過去にも炎上していた

公開日: 更新日:

 小山田圭吾(52)に続き、人気絵本作家の、のぶみ氏(43)もオリパラ関連イベントを辞退……。
 
 オリンピック組織委は今春、東京オリンピックの開会式で使用される楽曲制作に小山田を起用。しかし、30年近く前に雑誌で自慢げに語っていた、障害者を含む同級生への陰湿イジメが蒸し返され辞任に追い込まれた。

 そして、小山田辞退の翌日、のぶみ氏も参加予定だった東京五輪・パラリンピック文化プログラムの「東京2020 NIPPONフェスティバル」の1つで、「MAZEKOZEアイランドツアー」のワークショップ(8月22日配信予定)の辞退を自ら申し出たという。

 元暴走族という触れ込みの絵本作家のぶみ氏は、60万部以上を売り上げた「ママがおばけになっちゃった!」(講談社)で大ブレイク。NHK Eテレ「うちのウッチョパス」などのイラストのほか、翻訳物の絵本も手がけ、子供を持つ母親の思いを代弁するような作品がウケているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  7. 7

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  8. 8

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

もっと見る