荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<58>石原慎太郎さんは「ヨットに乗らないか」って言って、乗せてくれたんだよ

公開日: 更新日:

 この石原慎太郎さんは、雑誌の連載<実力者たち>で石原さんを撮ったときの写真なんだよ。でも、雑誌に載ったのはカラーで、もっと他の写真を選んでるから、この写真じゃないんだよね(雑誌『太陽』で荒木が各界の著名人を撮影、1975年2月号で石原慎太郎を特集。当時42歳、作家・衆議院議員)。

 このときね、ヨット乗らないかって言って、乗せてくれたんだよ。で、ヨットで沖のほうに行ったら酔っ払ってね。ヨットなんて乗ったことないからさ、船酔いでね。ダウンして船底で寝転んでたら、ホットウォッカをつくって持ってきてくれてね、二重酔いだよ(笑)。気をつかってくれたんだよ。

 石原さんに気にいられちゃってさぁ、撮影が終わったら話があるからって、一緒に行かないかって誘われたんだけど、その日は森山(大道)さん(写真家)と会う約束があったんだよね。本人は選挙ポスターを撮ってもらおうと思っていたんだって。あとで話があってね。でも、『太陽』に載った写真を見て、カンがいい人だからさ、その話はなくなったんだけどね。事務所だと思うけどアジアの地図が貼ってあったの、デッカイね。その前で、さっそうと立つ石原さんを、ちょっと裕次郎風に撮ったの。その写真が大きく載ったんだよ。その頃は、赤塚(不二夫)さんだから赤のバックで撮るとか、そういうことをやってる時期だったからね。で、コイツはおちょくるっていうのじゃないけど、皮肉るヤツだなと思われたんじゃないかなあ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程