朝ドラ「カムカム」出演の深津絵里が13年間も連ドラから遠ざかっていた理由

公開日: 更新日:

 NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に深津絵里(48)がついに登場した。深津は90年代を代表するフジテレビ系の名作ドラマの伝説的ヒロイン。「最高の片想い」「踊る大捜査線」「きらきらひかる」など、次々とヒット作に出演。2000年代に入って出演ペースが少し落ちたものの、出演作「カバチタレ!」「恋ノチカラ」の視聴率はいずれも16%を超えた(ビデオリサーチ=関東地区)。しかし、08年に木村拓哉(49)と共演した「CHANGE」を最後に連ドラの出演がピタッと止まる。

■謎多き国民的女優

「『CHANGE』の平均視聴率は22%を超え、深津がヒロインを演じたドラマの中で最高視聴率を記録しました。あの時、深津は35歳。それ以降、13年間も連ドラ出演をしていません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 深津が連ドラに出演しなくなった理由として一番に挙げられるのが、映画へのシフト。10年に映画「悪人」で妻夫木聡(41)が演じた殺人犯の青年と逃亡する恋愛未経験の真面目でおとなしいヒロインを演じ、モントリオール世界映画祭や日本アカデミー賞などで最優秀女優賞を獲得した。しかし、その後の映画出演は「ステキな金縛り」「岸辺の旅」など数本。18年以降は映画出演すらしてない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗