ゆりやんレトリィバァNetflixドラマで「ダンプ松本」に!プロレス雑誌編集長も唸った役者魂

公開日: 更新日:

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(31)が、2023年配信のNetflixドラマ「極悪女王」で女子プロレスの名悪役であるダンプ松本(61)を演じることが明らかになった。

 ゆりやんは、先日行われた「K-1 WORLD GP 2022~RING OF VENUS~」で角刈りのカツラに星条旗柄の水着で特別ラウンドガールを務めていた。

 昨年末、バラエティー番組の企画で、110キロあった体重を65キロにまで減量していたが、一転して重量感たっぷりの体つきに「リバウンドしている」とSNS上で話題になっていたが、太ったのは役作りのためだったと明かした。メディカルチェックを受けながら、増量に励み、現在は28キロ増の93キロだという。

 45キロ減に成功した半年前は、「太っているのをやめたことでお笑いの武器をひとつなくすとか言われるけど、そんなの関係ないやろ。芸人なので、これからもネタを更新していきたい」と硬派な発言をしていたゆりやん。当時、「Galaxy」のウェブCMに“いい女風のメーク”で登場し話題となったが、今度は一転してドラマ出演のために増量だ。

 ゆりやんは「ダンプ松本さんの凄さ、素晴らしさ、極悪さ、かわいらしさを演じられるように頑張ります!」と意気込んでいるが、半年でまたも変貌を遂げたわけだ。

「単独での全米挑戦や本気のダイエット企画、そしてユニークなひとりコントなど、ゆりやんの存在感は芸人の中でも突出している。ダウンタウン松本人志も『人のことを一切気にしない、わが道を行くタイプ』だとその独自の才能を認めています」(バラエティー番組関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応