橋本愛「家庭教師のトラコ」“爆死”寸前で…松嶋菜々子サプライズ出演に期待の声あがるワケ

公開日: 更新日:

〈爆死〉なんて不謹慎な表現もされ始めた橋本愛(26)主演の連ドラ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系=水曜夜10時)。初回の平均世帯視聴率は7.5%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)、第2話7.0%、そして3日放送の第3話は5.4%と数字が右肩下がりだからだ。

「5%台になるとメディアやネット上で〈爆死〉と表現されることが多いですが、今期でいえば、日テレ系の『初恋の悪魔』は2話連続で3%台ですし、Hey! Say! JUMP中島裕翔主演のフジテレビ系連ドラ『純愛ディソナンス』も4%台。ただ、『トラコ』については、良くも悪くも脚本家の名前でより目立ってしまっているのかもしれません」(在京キー局関係者)

 その「トラコ」の脚本家は遊川和彦氏。2005年には天海祐希(55)主演の「女王の教室」(日テレ系)、11年には松嶋菜々子(48)主演の「家政婦のミタ」(同)など数々の作品を大ヒットさせた有名脚本家だ。遊川氏は脚本だけでなく、役者へ演技指導を行うこともあり、19年放送の「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)や22年放送の「隣のチカラ」(同)では一部だが演出も手がけている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも