NHK大河「どうする家康」がダメな元凶…松本潤のダメダメ演技と合戦シーンの手抜きにアリ

公開日: 更新日:

 回を追うごとに視聴率が下がるNHK大河ドラマ「どうする家康」。したたかなたぬき親父の徳川家康を、「実は優柔不断なへたれだった」と描く着想は悪くないはずである。

「大河で人気はやはり戦国ものですが、信長、秀吉、家康はやり尽くした感がありました。そこで、野望ギラギラの武将ではなく、緊張するとおなかが痛くなってしまう頼りない弱虫が、周りに助けられたり、ラッキーだったりしてピンチを切り抜け、とうとう天下を取るという物語にしたわけです。荒唐無稽のようで、実は今風ともいえます。WBC侍ジャパンを優勝させた栗山監督は、選手としては平均以下でしたが、さまざまな才能を集めて、それを生かすマネジメントは素晴らしかった。今度の家康もこれなんですよ」(テレビ情報誌編集デスク)

 “俺についてこい”ではなく、“みんなで頑張ろう”という新しい家康像は、時代の気分にマッチして、若者にも人気になるはずとNHKは踏んだのだ。そのために、主役に最強アイドルグループ「嵐」の松本潤を起用、さらに戦シーンでCGやバーチャルプロダクションを多用して、ゲームの映像っぽく演出した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 3
    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

    山川穂高謹慎で電撃トレードの現実味…ジリ貧の西武が狙う巨人、阪神の“野手5人”の名前

  4. 4
    “5人のキンプリ”有終の美に水を差す…ティアラの暴走と、カウアン氏の平野紫耀を貶める暴露

    “5人のキンプリ”有終の美に水を差す…ティアラの暴走と、カウアン氏の平野紫耀を貶める暴露

  5. 5
    たけしが最後の伴侶に…悪評ふんぷん18歳年下妻の“素顔”

    たけしが最後の伴侶に…悪評ふんぷん18歳年下妻の“素顔”

  1. 6
    ガッキーを追い込んだのは錦戸亮か…明るみになる“ゲスな過去”

    ガッキーを追い込んだのは錦戸亮か…明るみになる“ゲスな過去”

  2. 7
    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 8
    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

    元Jr.が実名激白!「東山はジャニー氏側近中の側近。性加害を知らないはずがない」

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    ジャニー喜多川氏の性加害問題…30年以上告発してきた元Jr.が推測した衝撃の被害者数

    ジャニー喜多川氏の性加害問題…30年以上告発してきた元Jr.が推測した衝撃の被害者数