秋篠宮邸“30億円改修工事”で宮内庁の広報下手また露呈…長官の説明が言い訳がましいワケ

公開日: 更新日:

《宮内庁の判断で整備した部分の工事費が結果的に高額になってしまい、少しでも費用を抑えたいという秋篠宮ご夫妻のお気持ちに十分応えられず、大変心苦しく思っている》
 
 22日の定例記者会見で、宮内庁の西村泰彦長官がこうコメントしたのは、昨年9月に完成した秋篠宮邸の大規模改修工事について。今回、西村長官のコメントは、11月30日の誕生日に先だって行われる秋篠宮さまの記者会見を前に、秋篠宮家への批判をかわす目的があったのではという声が上がっている。

 現在の秋篠宮邸は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となるのに伴い、大幅増員された職員の執務環境整備などのため大規模改修が行われたものだ。

「秋篠宮邸の大規模改修は昭和47年の竣工以降一度も行われなかったため、皇嗣家となったタイミングと重なり納得感がありました。しかし、ふたを開けると、総工費およそ30億円という庶民感覚とかけ離れた金額に批判の声がいまだに続いています。それにしても、今回の長官のコメントは唐突すぎるという印象が持たれています」(宮内庁担当記者)

 秋篠宮ご夫妻は少しでも費用を抑えたいというご意向を持たれていたというが、「大食堂にシャンデリアや黒大理石の棚が備えられるなど、設えが豪華すぎるという指摘もありました」(皇室ジャーナリスト)

■費用削減のはずが…

 秋篠宮家側近の加地隆治皇嗣職大夫は今年6月30日の定例記者会見で、次女の佳子さまが秋篠宮邸に引っ越しされず旧御仮寓所に住み続けられている件について、改修費用の削減を念頭に置いたものだと説明していた。

「結婚前の眞子さんと佳子さまを含むご家族すべての居室を維持すると、予算がオーバーするためという説明でした。しかし、これによっていくら費用が削減されたのかの説明もなく、結局トータルで莫大な費用がかかってしまっている。西村長官はコロナ禍による工期延長と感染対策費用がかさんだことで、公の部分の工事費が高額になったと宮内庁側が泥をかぶったような説明をしていますが、言い訳にしか聞こえないという声が上がるのは無理もないでしょう」(女性週刊誌記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道