山田太一さん「脚本の神様」の裏話…なぜ生々しいセリフを次々と生み出せたのか

公開日: 更新日:

 ドラマ「男たちの旅路」「ふぞろいの林檎たち」などで知られる脚本家の山田太一(本名・石坂太一)氏が11月29日に老衰のため、亡くなった。89歳だった。ネット上では、山田氏の作品について《人間の心を描き出す力があった》などと惜しむ声が続々と上がっている。

 テレビコラムニストの亀井徳明氏は「山田脚本の“すごさ”は、どなたも言われていると思いますが、やはりセリフの生々しさですよね」とこう続ける。

「代表作のひとつ、1983年に始まったTBSドラマ『ふぞろいの林檎たち』シリーズで、当時、私自身も大学生だったんですが、中井貴一さん、時任三郎さん、柳沢慎吾さんらが演じた同年代の大学生のセリフから、それぞれのキャラクターの気持ちがすごくよく分かった。正確なセリフまでは覚えていませんが、柳沢さんが演じたラーメン屋の一人息子・西寺実が、デートに着ていこうとしたシャツがクリーニングに出されていたことで親と揉めた後に、こんな感じでつぶやくんです。もうちょっと男前に生んでくれたら、シャツなんてなんだっていいんだよ。俺みたいなブサイクが、シャツぐらい凝らなくてどうすんのよって……」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

  3. 3
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 4
    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

    「自由が丘デパート」で食堂とスナックに…おじさんたちの楽園に入ってみると

  5. 5
    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

    どうなる? 中国不況で日本に流れたチャイナマネーの行方と東京の不動産価格

  1. 6
    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

    オリックスで再起誓う吉田輝星が胸中吐露…「心を入れ替え、笑ってシーズンを終えたい」

  2. 7
    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

    大関・貴景勝「頚椎負傷」で休場届、8度目カド番確定も…“まだ引退できない”複雑事情

  3. 8
    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

    キムタク主演の4月期ドラマを巡るドタバタ…テレ朝の間に微妙なすきま風→心はTBSへ

  4. 9
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  5. 10
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ