桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

大病した小倉智昭はやる気満々 いっそのこと、ジジババ専門局やチャンネルを作ったら?

公開日: 更新日:

「5時に夢中!」(TOKYO MX)にゲスト出演した小倉、昨年12月に左の腎臓全摘手術をしたとは思えないほど舌好調だった。

 前回、同番組に登場したのは2年半前。その際「小倉に向いている」と周りに言われたとかで番組MCの座を狙いそうな勢い。

「(ギャラが)安くても来るよ」とアピールした姿は先輩の大橋巨泉と重なった。巨泉もセミリタイアなどと言いつつ、なにかといえば「出てやるよ」と恩着せがましく出演するので、視聴者は苦笑しながら見ていたものだ。

 いわく「体のこと、病気のことがあるからこういうことをやりたいと言うのはあからさまにはできないけど、こういう番組を同世代に向けてやりたい!」と。

「ただ、同世代が『昔はこうだったよね』とか『戦争中はこうだった』とか『60過ぎるとアパート借りられねえよな』とかそういうのじゃなくてさ。年寄りが徒党を組んで若いヤツに文句を言うとか、世代間ギャップを年寄りの発想でぶつかっていくとかやったら面白いと思う」と小倉。入院中、息子や娘に怒鳴られたり、文句を言われている同世代のジジババを見てせつなくなったそうで、そういう人たちに寄り添う番組をやりたいと熱く語った。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮