• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

星由里子・花登筐 ゴルフコンペ後に行われた結婚式

<1975年4月>

 4月21日午後2時、星由里子(当時31)は独り、東京・丸の内の東京会館で結婚記者会見に臨んでいた。新郎の花登筐(同47)は大阪公演の脚本執筆のため、不在だった。星は2度目、花登は3度目の結婚である。

 結婚式は2日前の19日。星の説明によると、「仕組まれた式」だった。前日、仲間会のメンバーから星に石川県片山津温泉でのゴルフコンペの誘いがあった。仲間会とは花登と仲のいい役者やテレビ関係者でつくる親睦会である。

 星には先約があり、断ろうとしたが、「メンバーが1人欠席したのでなんとか来てほしい」と電話の相手は執拗(しつよう)だった。

「では、ハンディを50くださいな」と星が冗談めかして言うと、「OK」との返事。急きょ参加することになった。だが、結局、星はコンペには加わらなかった。現地に着いてみると、みんなスタートした後だったからだ。星は旅館の仲居と世間話をして時間を潰した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る