血尿を隠して撮影に臨んだ松田優作40歳の死

公開日: 更新日:

<1989年11月>

「太陽にほえろ!」(日本テレビ)のジーパン刑事役でブレークし、「探偵物語」(同)や映画「蘇える金狼」などで卓越した演技を披露した“カリスマ”松田優作。そのあまりにも早い死を悼む声は今も多い。

 体の不調を訴えるようになったのは88年のことだ。9月27日、「血尿に悩まされていたが、ついに尿が出なくなった」とひとりで都内の病院を訪れた。内視鏡の検査では膀胱の中に血液と尿が混ざった塊ができており、尿は一滴も出ない状態にまでなっていた。血液を取り除くため、尿道を経由して塊を溶かし、切れていた血管を電気凝固で止血。ここで手術はいったん終了したが、松田は1週間ほど入院することになった。

 血尿で疑われるのは腎臓がんか膀胱がん。検査の結果、膀胱の上皮内がんで、すでに4分の1くらいが侵されていることが明らかになった。医師は入院5日目にがんを告知したが、松田は覚悟していたのか、「そうですか」と驚いた様子を見せなかった。さらに、妻が悲しむのを見たくないと「自分の病気は人に知らせて欲しくない」と医師に頼んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る