日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大阪・北新地で暴行事件に巻き込まれたジェリー藤尾

■1973年4月

 4月12日未明、ジェリー藤尾(当時32)が友人の会社経営者T氏やホステスの女性と大阪・北新地の繁華街を歩いている時だった。

 すぐ横を千鳥足で歩いていた50代とおぼしき男性が後ろから来た乗用車と接触し転倒。さらにその弾みで通りすがりの女性も倒れた。女性はすぐ立ち上がったが、男性は酔っぱらっているせいもあって腰を抜かしたまま立てない。

 ドライバーは車の中からその様子を見ていたが、降りてこようとしない。頭に血が上ったジェリーは「とにかく降りてきて謝んなさい」と怒鳴りつけた。そのまま走りだそうとするそぶりを見せたので、ジェリーは車の中に手を突っこみ、キーを抜いてしまった。

 渋々といった感じでドライバーと助手席の男が降りてきた。年はどちらも30歳前後でカーディガンを羽織った普通の勤め人風。暴力団関係にはとても見えなかった。ところが、少し気を抜いたジェリーに2人はいきなり殴りかかってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事