日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

天馬ルミ子 ピンク・レディーのマネーで大型デビューも活動休止

■1978年1月

 デビュー以来、ミリオンセラーを連発し、社会現象を起こしたピンク・レディー。人気絶頂期はテレビで2人を見ない日はなく、デビューから77年末までの1年半で、レコードとグッズだけでも57億円を売り上げたといわれている。

 2人の所属事務所T&Cミュージックがピンク・レディーで稼いだマネーをつぎ込んでデビューさせたのが、天馬ルミ子(当時13)。「ピンク・レディーの妹分」のキャッチコピーで、78年1月にシングル「教えてください神様」がリリースされた。

 天馬は3歳の時に「劇団ひまわり」に入り、日本舞踊とピアノも習っていた。その後、通い始めた平尾昌晃歌謡教室でも「歌のうまいことにかけては天才だ」と高く評価された。この教室に話が舞い込んだことがデビューのきっかけとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事