天馬ルミ子 ピンク・レディーのマネーで大型デビューも活動休止

公開日: 更新日:

■1978年1月

 デビュー以来、ミリオンセラーを連発し、社会現象を起こしたピンク・レディー。人気絶頂期はテレビで2人を見ない日はなく、デビューから77年末までの1年半で、レコードとグッズだけでも57億円を売り上げたといわれている。

 2人の所属事務所T&Cミュージックがピンク・レディーで稼いだマネーをつぎ込んでデビューさせたのが、天馬ルミ子(当時13)。「ピンク・レディーの妹分」のキャッチコピーで、78年1月にシングル「教えてください神様」がリリースされた。

 天馬は3歳の時に「劇団ひまわり」に入り、日本舞踊とピアノも習っていた。その後、通い始めた平尾昌晃歌謡教室でも「歌のうまいことにかけては天才だ」と高く評価された。この教室に話が舞い込んだことがデビューのきっかけとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る