墨田ユキ ブレーク前に出演していたAV流出騒動 

公開日:  更新日:

<1992年6月>

 92年6月公開の映画「濹東綺譚」で主役に大抜擢されて話題を呼んだ墨田ユキ(当時24)。

 それまではまったく無名の存在だったが、同映画のタイトルから「墨」をもらって芸名を「墨田」に変更し、“脱がせ屋”として名を馳せた新藤兼人監督の下、全編の3分の1以上ものカラミシーンを前バリなしの体当たりで熱演した。とても新人とは思えない墨田の大胆さに相手役の津川雅彦が「あのコの度胸にはマイッタよ。久しぶりにタジタジになっちゃったくらいだからネ」ともらすほど。墨田は92年度のブルーリボン賞新人賞をはじめ8つの新人賞を獲得、一躍トップスターの座に躍り出た。しかし、映画公開直後に思わぬハプニングが……。

 墨田は87年ごろに、雨宮時空子名義でアダルトビデオに出演していたが、当時の関係者が「濹東綺譚」を見て「あれは雨宮時空子という名前で出ていた女だ」と漏らしたことなどがきっかけとなって、AV出演の過去が大々的に報道される騒ぎとなってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る