墨田ユキ ブレーク前に出演していたAV流出騒動 

公開日: 更新日:

 もっとも、AVといっても脱ぐシーンはごく自然なストーリー構成。演技指導もカラミ以外に重点が置かれるライトなもので本番もなかった。墨田は撮影後も「いい経験をさせてもらった」と後ろ暗いことは感じなかったという。

 その後、ビデオの仕事から離れ、レースクイーンやモデルの仕事を経て本格派女優へと転身した。当初は「こんなことで記事になっちゃってもいいのかしら」と、それほど気にはしていなかった。

 しかし、出演したAVのうち1本がボカシのない裏ビデオとして流出してしまった。しかも、ドラマ部分を一切カットし短いカラミシーンを何度もつなぎ合わせて再編集したもの。ダビングが繰り返されたことで画質も劣悪だった。過去の報道には寛容だった墨田も、裏流出には激怒した。

「カラミの部分だけを強調する必要はない」「私の知らないところで勝手にそういうものがつくられているということがショック」と心境を語った。「AVも芸能の中の一ジャンル」と語る墨田。事件を受けて「AVと芸能界の間には、ますます大きな壁ができちゃっている。AV界にはたくさんメジャー志向の人がいるはずなのに、こういう壁があると映画界には進出しにくいんじゃないかしら」と怒りをあらわにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

もっと見る