旅人・中田英寿 たどり着いた「日本酒ビジネス」のなぜ?

公開日:  更新日:

“旅人”のたどりついた先は酒蔵だった。元サッカー日本代表の中田英寿(37)が、モバイルコンテンツ会社エムティーアイと共同で、無料の日本酒検索アプリ「Sakenomy」を開発した。アプリのコンセプトや使い勝手など細かいところまでアドバイスしたという。

「大きな特徴は、約1000種類の日本酒データベース。銘柄のラベルを写真に撮ると、詳細な情報をチェックできるのは、中田さんのアイデアです。中田さんは全国の酒蔵を巡りながら造詣を深め、『日本酒を世界にアピールしたい』という思いに至ったそうです」(エムティーアイ広報担当者)

 アプリには、自分の味わいを入力したり、ほかのユーザーと比較したりする「利き酒マップ」や、入力された好みの傾向からお薦め銘柄の紹介を受ける「日本酒レコメンド機能」などもある。

 酒飲みが喜びそうなアプリだが、このところ、中田の話題といえば日本酒ばかり。昨年は、「十四代」で知られる高木酒造と組んで海外向けに「N」なる日本酒を販売。今年は、W杯オフィシャル日本酒を手掛け、サンパウロの日本酒バーにも関わった。旅人は造り酒屋でも目指しているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る