• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中田英寿が「富裕層向け投資ファンドの広告塔」報道後に失踪か?

 元日本代表MF中田英寿(36)は06年ドイツW杯後、現役を引退するとサッカー界と縁を切り、「旅人」として世界各地を回るようになった。

「年俸やCM契約金など総獲得賃金は50億円。単なる金持ちの道楽」(サッカー記者)と言われながら、代表理事を務める財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」主催のチャリティーマッチの収益金を寄付したり、それなりに“文化人”としてメディアに露出していた。

  ところが12月上旬、週刊誌が「中田英寿が3億円をブチ込んだインチキ投資ファンド」という記事を掲載。「中田ヒデが3億円を投資した富裕層向け投資ファンドを証券取引等監視委員会が金融庁に40億円超の課徴金納付命令を勧告」「中田の名前は営業にも使われ、大阪事務所オープンの時には中田の名前の花が置かれていた」といった内容が世に出たとたん、「ヒデが失踪した」という噂が流れ始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る