中田英寿が「富裕層向け投資ファンドの広告塔」報道後に失踪か?

公開日:  更新日:

 元日本代表MF中田英寿(36)は06年ドイツW杯後、現役を引退するとサッカー界と縁を切り、「旅人」として世界各地を回るようになった。

「年俸やCM契約金など総獲得賃金は50億円。単なる金持ちの道楽」(サッカー記者)と言われながら、代表理事を務める財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」主催のチャリティーマッチの収益金を寄付したり、それなりに“文化人”としてメディアに露出していた。

  ところが12月上旬、週刊誌が「中田英寿が3億円をブチ込んだインチキ投資ファンド」という記事を掲載。「中田ヒデが3億円を投資した富裕層向け投資ファンドを証券取引等監視委員会が金融庁に40億円超の課徴金納付命令を勧告」「中田の名前は営業にも使われ、大阪事務所オープンの時には中田の名前の花が置かれていた」といった内容が世に出たとたん、「ヒデが失踪した」という噂が流れ始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る