夢は政治家…ミス日本グランプリに「維新」松野代表の二女

公開日: 更新日:

 25日、「ミス日本コンテスト2016」が開かれ、慶応大2年の松野未佳さん(20=164センチ、48キロ、B81・W60・H85)が応募者2804人の頂点のグランプリに輝いた。

 松野さんは「維新の党」松野頼久代表(55)の次女。ミス日本の勉強会が終わるたびに連絡があったそうで、「うっとうしいくらいでした」と苦笑い。また、応募書類の「父親の職業」という記入項目に困ったそうで、頼久氏に相談すると「足を引っ張っちゃうかもしれないから『会社社長』と書いておきなさい」と言われ、その通りに書いたという。

 祖父の故・松野頼三氏と父の背中を見て育った松野さんの将来の夢は政治家。

「憧れの職業であることには変わりはないです。これから1年間、たくさんのことに関わらせていただいて、自分が何をしたら一番役に立てるか考えていきたいです」

 ルックスとボディーはすでに世界レベル。3代続く政治家の血を継ぐことができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る