「ゲームオブウォー」新CMで話題 元ミス女王に“辛酸”の過去

公開日:  更新日:

 テレビにあふれんばかりのスポット広告を流している「ゲームオブウォー」(社名・マシンゾーン、米カリフォルニア州)の新CMが話題になっている。これまでは金髪美人、伊勢谷友介などを起用していたが、今度は日本人美人。CMの後の方に出てきて「来れ勇者たち、私のヒーローにならない?」と呼びかけるもので、テレビで見かける女優さんではなさそうなことから、大人も巻き込んで「あの美人は誰?」と注目されているのだ。

 答えを先に言うと、彼女は2012年にミス・インターナショナル世界大会で日本人として初めて優勝した吉松育美さん(28)。聖心女子大出身で、高校時代は100メートルハードルで全国優勝したスーパー美女だ。そんな女性ならもっとCMやドラマに出ていてもよさそうなものだが、これまでメジャーで活躍できなかったのには理由がある。

「ミス・インターナショナルが任期満了となる直前の13年の暮、自身のブログである男性から“脅迫・ストーカー行為を受けていた”と告白したのです。それだけなら、他にもよくある話ですが、ストーカーをしていたと名指しされたのが大手芸能プロの幹部だったから、さあ、大変。メディアは“触らぬ神に”で、どこも彼女の話題を取り上げなくなり、業を煮やした彼女は外国特派員協会で会見まで行った。さらに孤立無援の彼女を見かねて安倍首相の妻・昭恵さんが支援に乗り出すなど大騒ぎになりました」(芸能ライター)

 新CMがきっかけで芸能活動が正常化するのなら、吉松さんにとってこんなうれしい話はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る