「ゲームオブウォー」新CMで話題 元ミス女王に“辛酸”の過去

公開日:  更新日:

 テレビにあふれんばかりのスポット広告を流している「ゲームオブウォー」(社名・マシンゾーン、米カリフォルニア州)の新CMが話題になっている。これまでは金髪美人、伊勢谷友介などを起用していたが、今度は日本人美人。CMの後の方に出てきて「来れ勇者たち、私のヒーローにならない?」と呼びかけるもので、テレビで見かける女優さんではなさそうなことから、大人も巻き込んで「あの美人は誰?」と注目されているのだ。

 答えを先に言うと、彼女は2012年にミス・インターナショナル世界大会で日本人として初めて優勝した吉松育美さん(28)。聖心女子大出身で、高校時代は100メートルハードルで全国優勝したスーパー美女だ。そんな女性ならもっとCMやドラマに出ていてもよさそうなものだが、これまでメジャーで活躍できなかったのには理由がある。

「ミス・インターナショナルが任期満了となる直前の13年の暮、自身のブログである男性から“脅迫・ストーカー行為を受けていた”と告白したのです。それだけなら、他にもよくある話ですが、ストーカーをしていたと名指しされたのが大手芸能プロの幹部だったから、さあ、大変。メディアは“触らぬ神に”で、どこも彼女の話題を取り上げなくなり、業を煮やした彼女は外国特派員協会で会見まで行った。さらに孤立無援の彼女を見かねて安倍首相の妻・昭恵さんが支援に乗り出すなど大騒ぎになりました」(芸能ライター)

 新CMがきっかけで芸能活動が正常化するのなら、吉松さんにとってこんなうれしい話はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る