• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゲームオブウォー」新CMで話題 元ミス女王に“辛酸”の過去

 テレビにあふれんばかりのスポット広告を流している「ゲームオブウォー」(社名・マシンゾーン、米カリフォルニア州)の新CMが話題になっている。これまでは金髪美人、伊勢谷友介などを起用していたが、今度は日本人美人。CMの後の方に出てきて「来れ勇者たち、私のヒーローにならない?」と呼びかけるもので、テレビで見かける女優さんではなさそうなことから、大人も巻き込んで「あの美人は誰?」と注目されているのだ。

 答えを先に言うと、彼女は2012年にミス・インターナショナル世界大会で日本人として初めて優勝した吉松育美さん(28)。聖心女子大出身で、高校時代は100メートルハードルで全国優勝したスーパー美女だ。そんな女性ならもっとCMやドラマに出ていてもよさそうなものだが、これまでメジャーで活躍できなかったのには理由がある。

「ミス・インターナショナルが任期満了となる直前の13年の暮、自身のブログである男性から“脅迫・ストーカー行為を受けていた”と告白したのです。それだけなら、他にもよくある話ですが、ストーカーをしていたと名指しされたのが大手芸能プロの幹部だったから、さあ、大変。メディアは“触らぬ神に”で、どこも彼女の話題を取り上げなくなり、業を煮やした彼女は外国特派員協会で会見まで行った。さらに孤立無援の彼女を見かねて安倍首相の妻・昭恵さんが支援に乗り出すなど大騒ぎになりました」(芸能ライター)

 新CMがきっかけで芸能活動が正常化するのなら、吉松さんにとってこんなうれしい話はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る