「ゲームオブウォー」新CMで話題 元ミス女王に“辛酸”の過去

公開日: 更新日:

 テレビにあふれんばかりのスポット広告を流している「ゲームオブウォー」(社名・マシンゾーン、米カリフォルニア州)の新CMが話題になっている。これまでは金髪美人、伊勢谷友介などを起用していたが、今度は日本人美人。CMの後の方に出てきて「来れ勇者たち、私のヒーローにならない?」と呼びかけるもので、テレビで見かける女優さんではなさそうなことから、大人も巻き込んで「あの美人は誰?」と注目されているのだ。

 答えを先に言うと、彼女は2012年にミス・インターナショナル世界大会で日本人として初めて優勝した吉松育美さん(28)。聖心女子大出身で、高校時代は100メートルハードルで全国優勝したスーパー美女だ。そんな女性ならもっとCMやドラマに出ていてもよさそうなものだが、これまでメジャーで活躍できなかったのには理由がある。

「ミス・インターナショナルが任期満了となる直前の13年の暮、自身のブログである男性から“脅迫・ストーカー行為を受けていた”と告白したのです。それだけなら、他にもよくある話ですが、ストーカーをしていたと名指しされたのが大手芸能プロの幹部だったから、さあ、大変。メディアは“触らぬ神に”で、どこも彼女の話題を取り上げなくなり、業を煮やした彼女は外国特派員協会で会見まで行った。さらに孤立無援の彼女を見かねて安倍首相の妻・昭恵さんが支援に乗り出すなど大騒ぎになりました」(芸能ライター)

 新CMがきっかけで芸能活動が正常化するのなら、吉松さんにとってこんなうれしい話はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る