金欠なのに贅沢三昧…清原容疑者を支えたタニマチの面々

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕で不思議なのが、直前までの「羽振りの良さ」である。

 最近は1回100万円の地方パチンコ営業などで食いつなぎ、それすらドタキャンするようになってロクに収入がなかったはずなのに、捕まった時に住んでいたのは14階建ての高級マンション。1カ月単位で契約するマンスリータイプだが、清原容疑者がいたペントハウスの家賃は60万円前後だった。しかも、昨年暮れまでは現役時代のように銀座で飲み歩き、100万、200万円と気前良く大金を落としていたという。

「シャブに毒され、ロレツが回らなくなったとはいえ、清原容疑者クラスの有名人になると角界のように“タニマチ”が次々現れる。10年以上前はマンション販売会社代表がタニマチでしたが、その後はパチンコ関連の社長が面倒を見るようになった。彼が清原容疑者の素行の悪さを見かねてサジを投げると、別の社長に代わった。去年までは大手芸能プロダクション関係者が、イベントやテレビの仕事を回そうと尽力していました」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る