• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金欠なのに贅沢三昧…清原容疑者を支えたタニマチの面々

 清原和博容疑者(48)の逮捕で不思議なのが、直前までの「羽振りの良さ」である。

 最近は1回100万円の地方パチンコ営業などで食いつなぎ、それすらドタキャンするようになってロクに収入がなかったはずなのに、捕まった時に住んでいたのは14階建ての高級マンション。1カ月単位で契約するマンスリータイプだが、清原容疑者がいたペントハウスの家賃は60万円前後だった。しかも、昨年暮れまでは現役時代のように銀座で飲み歩き、100万、200万円と気前良く大金を落としていたという。

「シャブに毒され、ロレツが回らなくなったとはいえ、清原容疑者クラスの有名人になると角界のように“タニマチ”が次々現れる。10年以上前はマンション販売会社代表がタニマチでしたが、その後はパチンコ関連の社長が面倒を見るようになった。彼が清原容疑者の素行の悪さを見かねてサジを投げると、別の社長に代わった。去年までは大手芸能プロダクション関係者が、イベントやテレビの仕事を回そうと尽力していました」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る