金欠なのに贅沢三昧…清原容疑者を支えたタニマチの面々

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕で不思議なのが、直前までの「羽振りの良さ」である。

 最近は1回100万円の地方パチンコ営業などで食いつなぎ、それすらドタキャンするようになってロクに収入がなかったはずなのに、捕まった時に住んでいたのは14階建ての高級マンション。1カ月単位で契約するマンスリータイプだが、清原容疑者がいたペントハウスの家賃は60万円前後だった。しかも、昨年暮れまでは現役時代のように銀座で飲み歩き、100万、200万円と気前良く大金を落としていたという。

「シャブに毒され、ロレツが回らなくなったとはいえ、清原容疑者クラスの有名人になると角界のように“タニマチ”が次々現れる。10年以上前はマンション販売会社代表がタニマチでしたが、その後はパチンコ関連の社長が面倒を見るようになった。彼が清原容疑者の素行の悪さを見かねてサジを投げると、別の社長に代わった。去年までは大手芸能プロダクション関係者が、イベントやテレビの仕事を回そうと尽力していました」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る