転々生活にままならぬ食事…清原容疑者のすさんだ離婚後

公開日: 更新日:

 2日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)は4日午前、東京地検に身柄を送検された。

 2日夜に捜査員が港区東麻布の自宅マンションに踏み込んだ際、左手に注射器とストローを持っていたという清原容疑者は、警視庁の調べに「覚醒剤は自分で使用するために持っていた。注射器やガラスパイプは、覚醒剤をやるときに使い、腕に注射したり、あぶって吸ったりしていた」などと供述しているという。

 キャンプイン直後に飛び込んできた衝撃的なニュースにプロ野球の現場は大揺れだが、そんな球界とすっかり疎遠になっていた清原容疑者の私生活もすさみにすさんでいた。

 週刊文春が14年3月にシャブ中疑惑を報じて以降、野球評論家としてもタレントとしても仕事が激減。すでに行き詰まっていた亜希夫人(46)との関係がその年の8月に破綻すると、清原容疑者の生活は一変した。14年間連れ添った女房に逃げられ、溺愛していた2人の息子の親権も奪われた。西武から巨人にFA移籍した翌年の98年に、3億円のキャッシュで買った渋谷区広尾の億ションにポツンとひとり。156平方メートル3LDKの部屋はすぐに、ゴミ屋敷のようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る