転々生活にままならぬ食事…清原容疑者のすさんだ離婚後

公開日:  更新日:

 2日に覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された清原和博容疑者(48)は4日午前、東京地検に身柄を送検された。

 2日夜に捜査員が港区東麻布の自宅マンションに踏み込んだ際、左手に注射器とストローを持っていたという清原容疑者は、警視庁の調べに「覚醒剤は自分で使用するために持っていた。注射器やガラスパイプは、覚醒剤をやるときに使い、腕に注射したり、あぶって吸ったりしていた」などと供述しているという。

 キャンプイン直後に飛び込んできた衝撃的なニュースにプロ野球の現場は大揺れだが、そんな球界とすっかり疎遠になっていた清原容疑者の私生活もすさみにすさんでいた。

 週刊文春が14年3月にシャブ中疑惑を報じて以降、野球評論家としてもタレントとしても仕事が激減。すでに行き詰まっていた亜希夫人(46)との関係がその年の8月に破綻すると、清原容疑者の生活は一変した。14年間連れ添った女房に逃げられ、溺愛していた2人の息子の親権も奪われた。西武から巨人にFA移籍した翌年の98年に、3億円のキャッシュで買った渋谷区広尾の億ションにポツンとひとり。156平方メートル3LDKの部屋はすぐに、ゴミ屋敷のようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る