警察押収の“番長ケータイ”で清原容疑者の人脈は丸裸

公開日: 更新日:

 尿鑑定で陽性反応が出た清原和博容疑者(48)は、覚醒剤の使用容疑でも近く立件される。13日までの勾留期限も延長される見通しだが、覚醒剤の入手先について「まだ言いたくありません」と供述を拒んでいる。暴力団の報復を恐れて口をつぐんでいるとみられていたが、専門家によると、これは“完オチ”が近づいているサインらしい。

「当初は『しゃべるつもりはない』と突っぱねていましたが、早くも所持と使用を認めて態度を軟化させた。“まだ”ということは『いずれ話します』と言ったも同然。元来、気の弱い男だから、勾留期限を迎える今月13日までに、さまざまな情報について供述すると思われています」(捜査事情通)

 戦々恐々なのは、同じルートで薬物を得ていた著名人たちだ。警視庁組織犯罪対策5課は、摘発時にスマホ2台、ガラケー2台の携帯電話4台を押収。徹底解析し、薬物の密売人と顧客を一網打尽にしようとしている。清原容疑者の「番長ケータイ」のヤバさは「黒革の手帖」の比ではない。警察にとっては“宝の山”である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る