清原容疑者の密売人逮捕 “芸能界&山口組ルート”一網打尽か

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)に覚醒剤を売っていた密売人の男が15日、沖縄県内で警視庁に逮捕された。捜査のメスは一気に“本丸”にまで及ぶのか。急転直下の捕物劇に、清原容疑者の“覚醒剤人脈”は戦々恐々だ。

 清原容疑者に営利目的でシャブを譲り渡したとして逮捕されたのは、無職の小林和之容疑者(44=群馬県みどり市)。

 1月31日夜9時ごろ、群馬県太田市東今泉町のコンビニ駐車場に止めた清原容疑者の乗用車内で、覚醒剤約0.2グラムを4万円で譲り渡した疑い。小林容疑者は「全く知りません」などと容疑を否認しているというが、それは通用しそうにない。

「清原に覚醒剤を教えたとみられる40代の元会社社長が昨年2月、覚醒剤所持で警視庁に捕まり、洗いざらいぶちまけた。そこから清原の捜査が本格化し、ほぼ24時間態勢で行動確認。清原が月数回ペースで群馬や栃木県を訪れ、コンビニやホテルで小林と接触していたことを、警視庁は確認していたのです。清原は元会社社長を介して小林と知り合い、小林の自宅を訪れたこともあった。小林も清原のサイン入りバットを大切に保管していたそうです。清原逮捕にビビった小林が雲隠れしようと沖縄に渡ったので、『高飛びの恐れあり』と逮捕に踏み切ったようです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る