乱痴気伝説は数知れず 清原容疑者「オンナと異常性癖」

公開日: 更新日:

 2005年に日刊ゲンダイ本紙で、球界に蔓延する薬物の実態と自らの使用を実名で告白した元巨人投手が、テレビの取材に「現役時代に清原に覚醒剤を渡した」と証言するなど、新展開を見せ始めた清原和博容疑者(48)のシャブ騒動。日刊ゲンダイ本紙が再三にわたって指摘してきた通り、清原は現役時代から覚醒剤をはじめとするさまざまな薬物に手を染めていたのは間違いない。

 ある球界関係者が「どう考えても異常でした」と、遠征先での奇行をこう振り返る。

「あれは、名古屋でのことでした。繁華街でバッタリと出くわした清原に声をかけると、着ていた黒のパーカに何かの食べかすがいっぱいついていた。『どうしたの? ものすごい汚れてるよ』と聞くと、『うわっ、ホンマや!』と言ってそれを払いながら、『いや、実は今、先輩の○○さんと一緒やったんですけど』とあけすけに語り始めたその内容が強烈で……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る