乱痴気伝説は数知れず 清原容疑者「オンナと異常性癖」

公開日: 更新日:

 2005年に日刊ゲンダイ本紙で、球界に蔓延する薬物の実態と自らの使用を実名で告白した元巨人投手が、テレビの取材に「現役時代に清原に覚醒剤を渡した」と証言するなど、新展開を見せ始めた清原和博容疑者(48)のシャブ騒動。日刊ゲンダイ本紙が再三にわたって指摘してきた通り、清原は現役時代から覚醒剤をはじめとするさまざまな薬物に手を染めていたのは間違いない。

 ある球界関係者が「どう考えても異常でした」と、遠征先での奇行をこう振り返る。

「あれは、名古屋でのことでした。繁華街でバッタリと出くわした清原に声をかけると、着ていた黒のパーカに何かの食べかすがいっぱいついていた。『どうしたの? ものすごい汚れてるよ』と聞くと、『うわっ、ホンマや!』と言ってそれを払いながら、『いや、実は今、先輩の○○さんと一緒やったんですけど』とあけすけに語り始めたその内容が強烈で……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る