大場久美子“55歳ビキニ”大反響 事務所もビックリの快進撃

公開日: 更新日:

 またまた大場久美子(56)だ。今週発売の「週刊ポスト」が「55歳のビキニ」として大場の水着姿をグラビア展開している。同誌はこの1月にも、さらに昨年末にも大場がカラーグラビアを飾っていた。いや、「ポスト」ばかりじゃない。昨年4月には「フライデー」も、14年の10月には「アサヒ芸能」も「衝撃ビキニ」などとやっていた。

 たしかに昨今の週刊誌は「懐かしアイドル」のオンパレードだが、ほとんどが昔の写真の焼き直し。現在のリアルな姿で勝負しているのは大場ぐらいだが、どうして彼女がウケるのか。

「いや、実は私たちも驚いているんです」というのは大場が所属するオフィス・キコの合田道人会長だ。続けて「よその事務所の方からも“うまいこと仕掛けましたね~”なんて言われますが、水着を披露したのはまったくの偶然。一昨年のキングオブコントで水着姿になったところ、『アサヒ芸能』さんから声がかかったのが始まりでしたが、当初はこの1回でやめる予定でした。ところが、大場の水着の載った号がその年の売り上げトップになってしまった。そこから『フライデー』さん『ポスト』さんと広がっていったのです。私たちにも予想外の展開でした」(合田会長)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る