大場久美子“55歳ビキニ”大反響 事務所もビックリの快進撃

公開日: 更新日:

 またまた大場久美子(56)だ。今週発売の「週刊ポスト」が「55歳のビキニ」として大場の水着姿をグラビア展開している。同誌はこの1月にも、さらに昨年末にも大場がカラーグラビアを飾っていた。いや、「ポスト」ばかりじゃない。昨年4月には「フライデー」も、14年の10月には「アサヒ芸能」も「衝撃ビキニ」などとやっていた。

 たしかに昨今の週刊誌は「懐かしアイドル」のオンパレードだが、ほとんどが昔の写真の焼き直し。現在のリアルな姿で勝負しているのは大場ぐらいだが、どうして彼女がウケるのか。

「いや、実は私たちも驚いているんです」というのは大場が所属するオフィス・キコの合田道人会長だ。続けて「よその事務所の方からも“うまいこと仕掛けましたね~”なんて言われますが、水着を披露したのはまったくの偶然。一昨年のキングオブコントで水着姿になったところ、『アサヒ芸能』さんから声がかかったのが始まりでしたが、当初はこの1回でやめる予定でした。ところが、大場の水着の載った号がその年の売り上げトップになってしまった。そこから『フライデー』さん『ポスト』さんと広がっていったのです。私たちにも予想外の展開でした」(合田会長)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る